性のお腹痩せには筋トレが効く!食事制限よりも良い理由とは?

体重が減っても下腹部だけ出てしまうなど、お腹周りに悩む女性は多いもの。

お腹痩せしたい、くびれのあるウエストが欲しいという方は、食事制限よりも筋トレに注目してみてください。

ただし、体の表面を覆う「表層筋」を鍛える筋トレをおこなうと、女性らしい体形からほど遠くなってしまいます。

女性らしいやわらかな筋肉を育てることができる、「骨盤ネジ締め」という筋トレについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


ダイエットしても体形は変わらないのはなぜ?

体重は減ったけれど体形に変化がない。お腹痩せだけ叶わず、ウエスト周りは太いままなんてこともありますよね。

残念ながら食事制限や有酸素運動をしても、お腹周りにはあまり影響しません。体のコア、女性であれば膣のゆるみを締め直さなければ、女性らしく引き締まった体形を作ることは不可能なのです。


お腹痩せしないのは筋トレ不足のせい

腹筋や背筋が衰えると背筋が曲がり、肋骨の位置が下がります。同時に内臓も押しつぶされ、前に突き出てくるでしょう。

内蔵突き出されることによって、お腹がぽっこりと出てしまうのです。下腹部やウエスト周りにもお肉がつきやすくなり、女性らしい体形を崩してしまいます。

食事の量を減らしても、筋トレをして内臓の位置を整えなければ、お腹痩せすることはできません。


お腹痩せしながらくびれを作る方法とは

お腹が痩せず、くびれができないのは体内の筋肉が弱いためです。キレイなくびれを作るためには、筋トレで腹直筋、腹横筋、腹斜筋といった複数の腹筋を鍛える必要があります。

腹筋と聞くと厳しい筋トレを想像する方もいますが、リズミカルなエクササイズで骨盤のネジを締め、体内にあるあらゆる筋肉を同時に鍛える方法があります。

これなら運動が苦手な女性でも、毎日続けられるでしょう。エクササイズを楽しんでいるうちに体内がキュッと引き締まり、ボディラインが変わります。


まとめ

骨盤ネジ締めによる筋トレをおこなうと、体重変化よりもくびれの出現やお腹痩せを実感しやすくなります。

食事制限をおこなうダイエット方法よりもモチベーションが保ちやすく、続けやすいと感じる女性も多いでしょう。ぜひ、骨盤ネジ締めエクササイズでくびれを作る筋トレを実践してみてください。