腹のたるみをキュッと引き締めたい女性におすすめの方法

出産後のお腹のたるみや、中年太りによりお腹周りの脂肪に悩まされていませんか?

激しい運動は無理だけれど、お腹の脂肪を落とすストレッチなどがあれば試してみたいという方に、おすすめの方法をご紹介します。


女性のお腹がたるむ2つの原因とは

女性のお腹がたるんでしまう大きな原因は2つあります。一つは妊娠と出産によるもの。もう一つは中年にさしかかり、体形が変わることです。

「しょうがない」とあきらめてしまう方もいますが、お腹を手でつまんでキュッと引き上げることができるように、腹部を引き上げペタンコにすることは、いくつになってもできます。


脂肪を落とすとお腹のたるみはなくなる?

食事を減らしてダイエットをすればいいと考える方もいますが、体重は減ってもお腹のたるみが取れないでしょう。

お腹だけ痩せる部分痩せは、運動生理学的には不可能なこと。激しい運動をしたり半身浴をしてたくさん汗をかいたりしても、お腹はたるんだままです。ただし、お腹や全身をキュッと引き締めることはできます。その方法についてぜひ知っておいてください。


お腹のたるみを引き締める方法とは

骨盤ネジ締めエクササイズによって膣を締め、スカスカだった体の中の空洞をなくすだけで、たるみどころか、妊娠線も残さずペタンコなお腹に戻すことができます。膣を締めるといっても、キツい運動をおこなうわけではありません。

出産後間もない方でも、中年になって体力に自信のない方でも気軽におこなえる、音楽に合わせて体を動かすボディメイクエクササイズだから楽しく体形を整えることができます。

腹部、特に膣をギュッと締め上げる動作を繰り返すことで体幹の筋肉を鍛えると引き締まったお腹が戻ってくるばかりか、いままで見たこともない理想の体型に変わっていくのです。


まとめ

骨盤ネジ締めの動作を覚え、ストレッチするように繰り返せば、お腹のたるみを引き締めることはできます。

一度覚えれば、何度出産しても中年になっても、お腹をたるませることはありません。いくつになっても美しい体形を維持できるよう、この機会に覚えてみてくださいね。