っこりお腹の原因はなに?骨盤から解消させる唯一の方法とは

太っているわけではないのに、お腹だけ出てきてしまう。そんなぽっこりお腹に悩んでいる方もいますよね。

「もう年だから」「出産したから」とあきらめてしまう方もいますが、そのお腹のゆるみは、骨盤のせいかもしれません。

ぽっこりお腹になってしまう原因を知り、この機会に体形の悩みを解消させましょう。


ぽっこりお腹になる2つの原因とは?

ぽっこりお腹になってしまう原因は主に2つ。一つは便秘によるもの。もう一つは体内の筋肉が衰えてしまったからです。

内臓を支える骨盤底筋群と背筋、腹筋が弱まると、内臓が前に移動し、お腹をへこませることができなくなります。さらに脂肪もつき、ますますお腹が出てきてしまうようになるでしょう。

加齢や出産よりも、骨盤周りの筋肉不足によることが大きいのです。


ぽっこりお腹をへこませる方法

ぽっこりとお腹をへこませるにはどうしたらいいのか?下記の方法をみてみましょう。

・便秘を解消させる
食生活や習慣を見直し、便秘体質を解消させる。

・ガードルを着用する
腹部や骨盤を強く圧迫するガードルを着用する。

便秘を解消させることはとても大切ですが、それだけで内臓の位置が元に戻ることはありません。また、体型カバー用のガードルを着用しても一時的なもの。外から締め付けても、骨盤が整うことはありません。


ぽっこりお腹は解消させる唯一の方法

ぽっこりお腹を解消させるには、体内の筋肉を鍛えて骨盤のネジを締めること。体の軸を支える体幹部を中心に、股関節回りにあるたくさんの筋肉を鍛えることが大切です。

筋肉が整えば内臓は正しい位置で支えられるようになり、骨盤の開閉もスムーズになります。同時に余分な脂肪を落とすことで、ぽっこりお腹の原因を解消させることができるでしょう。


まとめ

筋肉を鍛えて立体的に美しい体形を作れるように意識すれば、ぽっこりお腹も解消されるようになるでしょう。

体型カバーの服を捨て、いつでも好きな洋服を選べるようになりましょう。